星のめぐりあわせ

images.jpg











「◎◎は星の数ほどいる」と、出会いについて例えることがあるけれど、
一生のうちで、知り合う人はどのくらいいるだろう。
これからの人生、どのくらいの数の人と出会うだろう。
おそらく、どの人も年齢を重ねるごとに減っていくはずだ。

その中で、本当に自分が心許せる人、愛せる人は、一生のうちで何人いるだろう。
もしかしたら、今生では出会わないかもしれない。


私たちがいる太陽系に属する銀河系の星の数は、約2000億。
地球の人口は今75億人ぐらい。
日本の人口はざっと1億人として……
そもそも、「星」の数にはまったくもって及ばないのだ。(^^;)


出会いは星の数ほどない。

出会いは「星のめぐりあわせ」なのだと思う。


保存
保存
保存
保存
保存