お寺で梅酒づくりの会


e0fea995e77c4383cd27217c84c00117_s.jpg














〜お寺で作ろう!おいしい南高梅の梅酒〜

仏教レジャーサークル・丸の内はんにゃ会主催の梅酒づくり企画!
ぜひご参加ください。

「梅雨」の語源は、“梅の実が熟す時期の雨”という意味から来ているのだとか。
そんな6月、風情のあるお寺で、梅仕事をしてみませんか? 
会場は、平安中期建立と伝わる古刹。江戸時代後期の俳人、小林一茶ゆかりの地
でもあり、通称・俳句寺と呼ばれています。一茶は、「蝉鳴くや六月村の炎天寺」
「やせ蛙負けるな一茶是にあり」などの句をこの地に残しました。
今回は和歌山県産の「南高梅」をご用意! 
漬けるお酒によって変わる風味も楽しみたいので、皆様好みのお酒で漬けていた
だきます。(スタンダードなホワイトリカーはもちろん、ブランデーやウイスキー・
泡盛など好きなお酒をご持参ください ※アルコール度数20度以上のもの)

◇日時 2019年6月23日(日)
◇会場 幡勝山成就院「炎天寺」
    東京都足立区六月3丁目13-20
    http://www.entenji.com/

◇タイムスケジュール
 13:30 東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」東口集合
 13:35 受付・点呼(このときに会費をお支払いください)
 14:00〜 会場・開始 ご住職からのお話 お寺の縁起など。本堂に移動し、
     読経のレクチャーも!
 15:00〜 梅酒づくり
 15: 50 片付け終了
 16:00 解散
◇参加費 3,000円 (受付時に現金払い)
◇持ち物 1リッターくらいの瓶、各自好きなお酒400ml
     (アルコール度数が20度以上のもの。ホワイトリカー・ブランデー・
     ウイスキー・泡盛など ※日本酒は不向きです)
     動きやすい服装・タオル・飲料水・筆記用具
     ※丸の内はんにゃ会で事前に用意しているもの:
      氷砂糖・除菌アルコール・ウエットシート・キッチンペーパー・
      手袋・竹串(つまようじ)
◇当日の注意事項:
お寺で貸していただける水道設備はございません。ウエットティッシュは用意
しますが、そのほか必要であればご自身で用意してください。
◇定員 先着5名


まだ空きがありますので、ぜひどうぞ!

〜お問合せ先〜
◎丸の内はんにゃ会

もしくは、私へ直接ご連絡ください。