お寺で梅酒を作りました

<お寺で梅酒を作ろう>の会でした♪

ZNWRNWHcR1W4qXSd7iPOtQ_thumb_d157.jpg






















会場は、平安中期建立と伝わる古刹、炎天寺さん(@竹ノ塚)。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d261.jpg






















小林一茶、ゆかりの地と言われています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d25c.jpg























A0JkHnQ4TWuvTTjmgPcN+g_thumb_d24b.jpg





















まずご本尊にご挨拶。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_d256.jpg





















会は14時スタート。最初にご住職さんからのお話し。
お寺の歴史や、江戸時代後期の俳人・小林一茶とのゆかりをご説明いただきました。
そのあと、真言宗豊山派のお勤めのお経をレクチャー。
(仏教サークルなので、ここはきっちりおさえます!笑)


そして15時からいよいよ梅酒づくり。
和歌山県産の大きな「南高梅」を使います。

vFJKITJbRdO5g8GZcl+wzA_thumb_d258.jpg





















部屋中に梅のいい香りが漂い、とても癒されました〜♪

8Ybiqf76QRKFruk1TaWx8A_thumb_d252.jpg






















梅酒づくりはとても簡単!
まず瓶を消毒したら、洗った梅のヘタを取り、氷砂糖と梅を交互に瓶の中へ。
最後にホワイトリカーやブランデーなど、お好きなお酒(20度以上)を入れて出来上がり〜!
梅酒の飲み頃は3カ月後。
楽しみ〜♪