できること・やるべきこと・してはいけないことを粛々と

糸井さんの言葉。
コロナウイルスについて、どれほど大量の情報を得たとしても、大事なのは、3つのことである。
「ああでもないこうでもない」と推理や提案を語るより、窓を開けて風を入れ、よく手を洗うことこそが大切だ。熱心に心配したからといって、解決の足しにはならない。
本当にそう。一市民は、「できること・やるべきこと・してはいけないこと」を粛々とやることが大切なのである。



スクリーンショット 2020-03-25 12.11.10.png











ほぼ日刊イトイ新聞 今日のダーリン