できること・やるべきこと・してはいけないことを粛々と

糸井さんの言葉。コロナウイルスについて、どれほど大量の情報を得たとしても、大事なのは、3つのことである。「ああでもないこうでもない」と推理や提案を語るより、窓を開けて風を入れ、よく手を洗うことこそが大切だ。熱心に心配したからといって、解決の足しにはならない。本当にそう。一市民は、「できること・やるべきこと・してはいけないこと」を粛々とやることが大切なのである。ほぼ日刊イトイ新聞 今日のダーリン

続きを読む

聖バレンタインさんに祈ろう

近所の教会、本日の説教のお題は「愛の嵐」❣️バレンタインデーが近いからでしょうね。 聖バレンタインさんは、3世紀ごろに実在した方で、結婚を望む兵士たちにこっそりと結婚式をとり行なってあげていて、それが皇帝にバレ、処刑されたのが2月14日なんだそうです。悲しすぎるよ〜😭今年はチョコレートばかり食べないで、バレンタインさんに祈る時間も設けたいと思います🙏アーメン✴︎ #意外と残酷 #バレンタ…

続きを読む

星のめぐりあわせ

「◎◎は星の数ほどいる」と、出会いについて例えることがあるけれど、一生のうちで、知り合う人はどのくらいいるだろう。これからの人生、どのくらいの数の人と出会うだろう。おそらく、どの人も年齢を重ねるごとに減っていくはずだ。その中で、本当に自分が心許せる人、愛せる人は、一生のうちで何人いるだろう。もしかしたら、今生では出会わないかもしれない。私たちがいる太陽…

続きを読む